01
02
10
12
11
13
07
修正版
04
049_明るく_edited-1
05
スクリーンショット 2020-10-13 11.11.26
スクリーンショット 2020-10-13 11.00.27
パース

​Shimanto+Terrace はれのば

new  Shop 
location   shimanto, kochi, japan
total floor erea   252.89m2
structure   wood

このプロジェクトは、市が集客拠点施設の実施主体事業者を公募し、地元民間有志5人が立ち上がり、まちづくり会社を設立した所から始まった。初期投資は補助金を活用するものの役員5人の給料、配当はなく、必要経費を除く利益は全てイベントや施設整備に再投資するという個人の利益を投げ打って街の為にと手を挙げたのである。この地域に生まれ育った設計者の一人としてそんな施主5人の強い想いに同調する形でこのプロジェクトに参加した。

 敷地は高知県四万十市中心商店街の一角。アーケード側にカフェと公衆トイレ、敷地奥の広場を取り囲むようにテナント(4店舗)を配置している。検討を重ねていく中で、建ペイ率40%、施設内部空間に対して屋上テラスやアプローチ等の外部空間の割合も40%となって立ち現れてきた。これは商店街のスケール感からすると比較的大きな値である。そこに木の構造フレームを施設のデザインコードとしながら連続して配置する事で、内外空間にリズムを与え、商店街のスケール、人が寄り添えるスケールへと昇華させる要素として機能させている。

 思えば施主との対話や非収益部分である外部空間の設計に多くの時間を費やした。個人利益度返しで街と向かい合った施主と幾度となく意見を交わし立ち現れてきたのは、従来の収益施設とは異なる、街の人々の居場所に包まれた公共建築の真の姿であった。